みやかわクリニック スタッフブログ

2016年2月 6日 土曜日

つるし雛

しばらくすればお雛祭りですね。
巨大つるし雛をご紹介します。
新潟県の十日町にいらしたときは是非ご覧くださいsign03





巨大な「つるし雛」が十日町市本町6のクロス10に飾られ、2012年3月30日に「最多の手作り詰め物人形展示物」として、ギネス世界記録に認定されました。
 このつるし雛は、NPO法人 日本つるし雛協会会長の北野晟さん(京都の和装製品会社会長)から十日町市に寄贈されたもので、きものを通じて十日町と縁が深い同氏が、3年前から構想を練り、制作を進めてきたものだそうです。
 つるし雛は、布で作った鶴や亀、うめの花、おひなさま、さるぼぼ、鯛など縁起ものの人形などをつるして長寿や健康を願う飾りで、この巨大つるし雛は『幸せを呼ぶ傘吊るし雛』と名づけられ、「越後妻有おみやげ館」の吹き抜けに吊り下げられました。

素晴らしくて感動しますよ。


こちらは自宅の手作りつるし雛です。
宮川




投稿者 みやかわクリニック