みやかわクリニック スタッフブログ

2016年7月30日 土曜日

文月(7月)に生けた花

ついこの間梅雨明けしたと思ったらもう7月も終わりです。
7月は夏らしいヒマワリなどの花材を生けました。
これからは少し早く秋らしい花が入荷されてくることでしょう。

宮川




投稿者 みやかわクリニック | 記事URL

2016年7月29日 金曜日

納涼会

梅雨も明け、夏日が続きます。
暑いですねsweat01

東京医科歯科大学システムマネジメントの前期ゼミが最終日の本日が納涼会でした。
当ゼミでは、毎月最終週の金曜日には、ジャーナルウオッチと称し、各自が関心のある最新の海外文献を持ち寄り、短時間で紹介することにより最近の研究の動向や知見が手っ取り早く共有できます。
その後の納涼会です。
御茶ノ水界隈も沢山の飲食店がありますが、今回は大手町にあるビストロ ドゥープルで行われました。
ボリュームあるお料理とおいしいお酒で暑気払いができました。
8月もやるべきこと満載です。

皆様も暑さに負けず、健康にお過ごしください。

宮川





投稿者 みやかわクリニック | 記事URL

2016年7月25日 月曜日

日本老年看護学会第21回学術集会@大宮

7月23日、24日の2日間、大宮で行われた老年看護学会第21回学術集会に参加して参りました。
学術集会長は、青梅慶友病院・よみうりランド慶友病院の桑田美代子さん、学術集会テーマは『死を見据えたケア 高齢者本人とケアチームによるケアの創造と統合へ』でした。

現在の日本の死亡者数は年間約127万人であることはご存知でしょうか。
高齢社会の急速な成熟により死亡者数は団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には153万人、30年には現在より3割多い161万人にまで増加するといわれています。
まさに多死社会の到来です。
全ての人に必ず公平に訪れるのが死です。
自分らしい最期を迎えるためには、積極的に苦痛を緩和するだけではなく、患者や家族の暮らしを基盤としたエンド・オブ・ライフケアの考えとその看護師の役割について考えさせられる機会となりました。日常のケアにおいては、高齢者の意思を確認すること、毎日繰り返し行われるケアこそが価値があり、人間の尊厳につながるということを改めて痛感しました。

学会会場では、多くの諸先輩方や仲間と再会し近況を伺うことができました。皆の活躍を大変嬉しく思います。
1日目学会終了後は、ベトナム料理で乾杯です。

宮川





投稿者 みやかわクリニック | 記事URL

2016年7月19日 火曜日

フラワーショップ

所沢市泉町にあるお花屋さんに行って来ました。
いつも真心を込めて、花束を作ってくれます。
お花を見ていると私は、自然な花の香りに包まれて心が癒されます(*^-^*)
季節ごとの花を見ているだけで幸せな気分になりますよね~❤

スタッフ 肥沼





投稿者 みやかわクリニック | 記事URL

2016年7月18日 月曜日

宮崎マンゴー

大好きなマンゴーです。
果物全般好きですが、南国のパッションフルーツ系もたまりませんね。
そういえば、この間、有名店のマンゴーかき氷を食べる機会がありましたが、練乳・マンゴー味の氷がフワフワ、トッピングされたフレッシュマンゴーは甘く、感動的なデザートでした。

宮川




投稿者 みやかわクリニック | 記事URL