HOME > 消化器内科

消化器内科

消化器内科

胸やけ・お腹の痛み・むかつきなどを頻繁に感じるとすれば、その方は、「逆流性食道炎」の疑いがあります。
また、吐き気・嘔吐・上腹部の痛みなどの症状がある方は、「胃潰瘍」の疑いがあります。

こうした症状がある場合は、患者さまのご希望をうかがった上で「胃カメラ検査」をおすすめしております。「胃カメラ検査」には予約が必要になりますが、お申し込みから1~2週間以内には検査ができるようにしております。
検査の結果は、その日にすぐ出ます。電子カメラを使っておりますので、PCのディスプレイに示される電子カルテで画像を見ながら、症状、治療法などをていねいにご説明いたします。

また、下腹部の痛みがある方、会社の検診や自治体の健診の検便検査の結果で、「大腸がん」「ポリープ」の疑いがあると言われた方には、当クリニックの「下部内視鏡検査」の受診をおすすめします。そして早期発見・早期治療に役立ていただきたいと思っております。

当院の消化器内科に対する思いについて

近年「がん」は、右肩上がりです。
「気が付いた時にはすでに手遅れだった あーどうしよう」こんな言葉をよく耳にしませんか?

「手遅れだった」と言ってしまう前にどのようにすれば良いのでしょうか?
「手遅れ」というのは、早く検査しておけば良かった、検査をしたら間に合ったのに・・・・・・・という後悔をしてしまうことです。
「がん」はこの「手遅れ」となる前に、小さな芽のうちに発見(早期発見)すること!あるいは、早くにガンの芽を摘み出す早期治療!この二つが大事になる事を防ぐのです。当院は内視鏡検査(胃カメラ・大腸ファイバー等)は早期発見、早期治療のためにあると考えます。

当クリニックでは、内視鏡検査において患者様の苦痛を軽減しながら受けて頂けるよう、様々な工夫を熟練した技術で対応しています。もちろん院長をはじめ、トレーニングを積んだスペシャリストたるスタッフ一同が皆様の検査のサポートをさせて頂いています。

現在土曜、日曜においても内視鏡検査実施をより良いサービスを提供できるように確立中です。
バリウムによる胃透視では、食事をされていなければ当日予約なしで御来院頂いても検査できます。
ぜひ一度、お問い合わせください。